HOME >> 関仁望さんが第7回「サイエンス・インカレ」研究発表会でポスター賞を受賞しました

関仁望さんが第7回「サイエンス・インカレ」研究発表会でポスター賞を受賞しました

化学生命理工学科 : 2018/04/21



関さん

現在、大学院理学専攻1年(受賞時、理学部理学科応用化学コース4年:仁子研究室)の関仁望さんが、平成30年3月3日〜4日に立教大学池袋キャンパスにて行われた第7回「サイエンス・インカレ」研究発表会において、ポスター賞(企業賞:SCREEN賞)を受賞しました。

 「サイエンス・インカレ」研究発表会は、 全国の大学生・高専生が集まり、研究内容を発表する場で、その中で関さんは、「二光子吸収性に優れたミトコンドリアプローブ〜細胞の心電図〜」という研究題目を発表しました。本研究発表会は、事前セレクションを通過したファイナリストのみが参加できるハイレベルな場であるため、その中にあって同賞を獲得することは快挙となります。