HOME >> 第26回中国四国支部 分析化学若手セミナー

第26回中国四国支部 分析化学若手セミナー

化学生命理工学科 : 2020/03/25

主催(公社)日本分析化学会 中国四国支部
後援(公社)日本分析化学若手交流会

期日 2020年6月27日(土),28日(日)
会場 高知大学農林海洋科学部附属暖地フィールドサイエンス教育研究センター
住所 〒789-0587 高知県香美市土佐山田町上穴内栗石26-2
参加費 ¥8,000(一般)・¥5,000(学生)
 ※参加費はセミナー当日、受付にてお支払いくだく方針を取っております。なお、参加費には6/27の夕食と宿泊、6/28の朝食が含まれます。
定員 60名程度(定員を超える場合は申し込みを締め切らせていただく場合があります)

参加申込締切 2020年5月24日(日)
要旨提出締切 2020年6月7日(日)

参加申込方法 必要事項(1. 所属・職名または学年、2. 氏名(ふりがな)、3. 性別、4. 連絡先住所・電話番号・E-mail、5. ポスター発表の有無〔ポスター発表有の場合はその講演題目〕、6. 無料送迎(要予約)の利用の有無)を明記の上、下記のE-mailにてお申し込みください。

目的・内容

目的
分析化学に関心をもつ学生、若手研究者、企業技術者の交流・親睦を図るとともに、研究者及び技術者の育成と研究の発展、地方企業との結び付きの強化を目指す。

内容
6月27日(依頼講演・企業セッション・交流会)、6月28日(ポスター発表)など

依頼講演(1):「The Application of Raman Spectrometry in Identifying Atmospheric and Marine Microplastics」(島根大学 生物資源科学部 環境共生科学科)長門 Edward 豪 先生
依頼講演(2):「バイオメディカル分析法を指向した脂質二分子膜界面のデザイン」(東京薬科大学 薬学部 医療薬物薬学科)東海林 敦 先生
企業セッション(1):「歯科メーカーにおける分析化学の利用について 〜YAMAKIN株式会社の取り組みを事例として〜」(YAMAKIN株式会社)坂本 猛 様
企業セッション(2):「分析の高感度化がもたらす超純水と超純水装置の更なる進化」(ヴェオリア・ジェネッツ株式会社エルガ・ラボウォーター事業部)黒木 祥文 様

※より詳細な予定など、随時更新を予定しております。

申し込み・問い合わせ先

〒780-8520 高知県高知市曙町二丁目5-1
高知大学 教育研究部 総合科学系 複合領域科学部門 小崎大輔〔TEL: 088-844-8299、E-mail: daisuke.2-10@kochi-u.ac.jp〕