HOME >> 水熱化学実験所の紹介

水熱化学実験所の紹介

附属水熱化学実験所 : 2021/01/22

梶芳研究室

準備中

恩田研究室

触媒とバイオマス資源に関する研究を行っています。石油資源の枯渇や安定供給の問題を解決することを目指して、再生可能資源であるバイオマス資源から様々な石油化学製品やその代替品をつくるための、新規な固体触媒の研究です。もともと、固体触媒としてユニークな性質をもつ様々な無機材料の合成やそれら固体触媒の表面で起こる反応メカニズム解析などを行っており、そのような基礎的な研究手法をバイオマス変換触媒の研究に応用しています。

今村研究室

光触媒とは,光を当てると酸化還元反応を進行させる物質です。一般には,汚れを分解するために使われます。本研究室では,この酸化還元反応をモノづくりに利用する技術の開発を行なっています。これまでに,光触媒を使って,アルコールの選択的酸化反応による,アルデヒドやケトンの合成,ニトロ化合物の還元によるアミノ化合物の合成,アルケンやアルキンの水素化反応などを達成してきました。