HOME >> 学会発表

学会発表

化学生命理工学科  無機化学 米村研究室 : 2019/06/01

 

 国内会議

〔 2019年 〕

 

R. Inoue, T. Ozawa, T. Yonemura, Influence of aromatic thiolato Ligand in the formation of silver and cobalt mixed complex (8), 日本化学会第99春季年会, 神戸 (2019/3/16).

 

 

 

〔 2018年 〕

 

露口優希,小澤智宏,米村俊昭, 銀−コバルト混合錯体の形成に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響(7), 日本化学会中四国支部大会, 松山 (2018/11/18).

 

油布誠也,米村俊昭, ピリミジンチオレート誘導体を含む銀(I)錯体の合成と固体発光性,日本化学会中四国支部大会, 松山 (2018/11/18).

 

 

 

〔 2017年 〕

 

M. Nakashima, M. Matsubara, T. Ozawa, T. Yonemura, Syntheses and Polymerization Reactions of Optically Active Cobalt(III) Complexes, 日本化学会第97春季年会, 横浜 (2017/3/17).

 

石井亜澄,福本翔平,米村俊昭, 銀(I)チオラート錯体の合成と固体発光性の発現, 67回錯体化学会討論会, 札幌 (2017/9/16).

 

松原萌,米村俊昭, 光学活性なチオプロニンコバルト(III)錯体の合成と銀イオンとの多核化反応,日本化学会中四国支部大会, 鳥取 (2017/11/11).

 

 

 

〔 2016年 〕

 

米村俊昭,伊藤勇輝,小澤智宏, 銀−コバルト混合錯体の形成に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響(6), 66回錯体化学会討論会, 福岡 (2016/9/11).

 

 

〔 2015年 〕

 

米村俊昭,抗菌・抗かび性を有する環境調和型混合金属多機能ハイブリッド材料の開発(2), 日本化学会第95回春季年会, 船橋 (2015/3/26).

 

加藤匠,伊藤勇輝,小澤智宏, 米村俊昭,銀−コバルト混合錯体の形成に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響(5), 日本化学会第95回春季年会, 船橋 (2015/3/26).

 

福本翔平,藤田紀子,米村俊昭, ヘテロ環チオラト配位子を有する銀(I)錯体の合成と固体発光性, 65回錯体化学会討論会, 奈良 (2015/9/21).

 

清水大嗣,岡崎麻紗,小澤智宏,米村俊昭, 硫黄架橋パラジウム−銀およびコバルト錯体の合成と性質, 2015年日本化学会中国四国支部大会, 岡山 (2015/11/14).

 

石井亜澄,藤田紀子,米村俊昭, チオウラシル銀錯体の合成と固体発光特性, 2015年日本化学会中国四国支部大会, 岡山 (2015/11/15).

 

 

 

〔 2014年 〕

 

米村俊昭, 銀錯体で構成される固体発光性色素, ASTEC2014 第9回先端表面技術展・会議, 東京 (2014/1/29-31).

 

米村俊昭, 付加的な要因で発光性を発現する無機−有機ハイブリッド材料, 四国産学官連携イノベーション共同推進機構 新技術説明会, 東京 (2014/2/25).

 

米村俊昭, 藤原啓介, 抗菌・抗かび性を有する環境調和型混合金属多機能ハイブリッド材料の開発, 日本化学会第94回春季年会, 名古屋 (2014/3/27).

 

伊藤勇輝, 上森隆裕, 松本健司, 小澤智宏, 米村俊昭, 銀−コバルト混合錯体の形成に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響(4), 64回錯体化学会討論会, 東京 (2014/9/18).

 

加藤千尋, 松本健司, 米村俊昭, ピリミジンチオラト亜鉛錯体の合成と固体発光特性, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 山口 (2014/11/8).

 

 

 

〔 2013年 〕

 

上森隆裕, 松本健司, 小澤智宏, 米村俊昭, 銀−コバルト混合錯体の形成に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響(3), 日本化学会第93回春季年会, 滋賀 (2013/3/23).

 

藤田紀子, 松本健司, 米村俊昭, ピリミジンチオラト銀錯体の有機溶媒による固体発光性の発現, 日本化学会第93回春季年会, 滋賀 (2013/3/24).

 

藤田紀子, 松本健司, 米村俊昭, ピリミジンチオラト銀(I)錯体の固体発光性に及ぼす有機溶媒の影響, 63回錯体化学会討論会, 沖縄 (2013/11/2).

 

中島美波, 松本健司, 小澤智宏, 米村俊昭, チオカルボン酸を有する光学活性コバルト(III)錯体の合成と多核化反応, 63回錯体化学会討論会, 沖縄 (2013/11/3).

 

 

 

〔 2012年 〕

 

石ヶ休正樹,松本健司,小澤智宏,米村俊昭, トリスチオラトコバルト(III) 錯体を用いた硫黄架橋多核錯体の合成と立体化学, 日本化学会第92回春季年会, 神奈川 (2012/3/25).

 

上田忠治,大西美穂,南部順一,城始勇,米村俊昭・Si-Xuan GuoJohn F. BoasAlan M. Bond, Wells-Dawson型新規バナジウム置換タングスト硫酸錯体の合成とキャラクタリゼーション,62回錯体化学会討論会, 富山 (2012/9/21).

 

岡崎麻紗,森田昌光,松本健司,小澤智宏,米村俊昭, 異性体を有するモノチオラトコバルト錯体と銀イオンとの集積化反応, 62回錯体化学会討論会, 富山 (2012/9/22).

 

真下ゆめ,米村俊昭, ピリミジンチオレート誘導体を配位子に持つジニトロシルモリブデン錯体の反応性, 日本化学会西日本大会, 徳島 (2012/11/10).

 

 

 

〔 2011年 〕

 

矢倉輝祥,石ヶ休正樹,松本健司,小澤智宏,米村俊昭, -コバルト混合錯体の形成に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響(1), 日本化学会第91回春季年会, 千葉 (2011/3/27).

 

岡崎麻紗,松本健司,小澤智宏,米村俊昭, 異性体を有するモノチオラトコバルト錯体を用いた硫黄架橋多核錯体の合成と立体化学, 61回錯体化学会, 岡山(2011/9/17).

 

井上廉,松本健司,小澤智宏,米村俊昭 , 銀−コバルト混合錯体の形成に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響(2), 61回錯体化学会, 岡山 (2011/9/17).

 

石ヶ休正樹,松本健司,米村俊昭, トリスチオラトコバルト錯体を用いた硫黄架橋多核錯体の合成と性質, 日本化学会西日本大会, 徳島 (2011/11/12).

 

 

 

〔 2010年 〕

 

米村俊昭,安田崇,加工性に優れた安全かつ高機能なハイブリッド材料の開発と応用,地域発技術シーズ発表会 in おおさか(2010/1/19).

 

米村俊昭,抗菌抗カビ用ハイブリッド材料,環境にやさしいものを環境にやさしくつくる―ものつくりの化学技術移転に係わる目利き人材育成プログラム (2010/1/28).

 

山崎愼作,米村俊昭,アルキニール白金(II)カチオン錯体に架橋したルテニウム三核クラスターアニオンの合成と結晶構造,日本化学会第90春季年会,大阪 (2010/3/28).

 

藤原啓介,小澤智宏,米村俊昭三脚型配位子を含むコバルト((3))錯体の集積化に及ぼす芳香族チオラト配位子の影響,日本化学会西日本大会,熊本 (2010/11/6).

 

 

 

〔 2009年 〕

 

藤原啓介,米村俊昭,付加機能を有する銀含有無機−有機ハイブリッド材料,第51回中国四国産学連携化学フォーラム (2009/8/29).

 

米村俊昭,抗かび性を兼ね備えた抗菌性無機−有機ハイブリッド化合物,イノベーションジャパン (2009/9/18).

 

藤原啓介,小澤智宏,米村俊昭,三脚型配位子を含むコバルト((3))錯体の集積化に及ぼすチオラト配位子の影響,第59回錯体化学討論会 長崎 (2009/9/25-27).

 

米村俊昭,抗かび性を兼ね備えた抗菌性無機−有機ハイブリッド材料の開発,健康・長寿関連新技術説明会 (2009/12/18). 

 

 



国際会議

〔 2018年 〕

 

Matsubara, M., Yano, Y., Nakashima, M., Ozawa, T., Yonemura, T.,

Syntheses and Characterization of Optically Active Thiocarboxylato Cobalt(III) Complexes,

The 43rd International Conference on Coordination Chemistry, Sendai (2018/7/31).

 

 

〔 2015年 〕

 

Nakashima M., Ozawa T., Yonemura T.,

Syntheses and polymerization reactions of optically active cobalt(III) complexes with thiocarboxylic acid,

The 15th International Conference on Chiroptical Spectroscopy, Sapporo, Japan (2015/8/31) .

 

 

〔 2014年 〕

 

Yonemura T. and Ozawa T.,

Polymerization Reaction of Cobalt(III) Thiolato Complexes Having Several Isomers,

The 41st International Conference on Coordination Chemistry, Singapore (2014/7/21).

 

 

〔 2013年 〕

 

Mashimo Y. and Yonemura T.,

Isomerization Reaction of Dinitrosyl-Molybdenum Complexes with 4,6-Dimethyl-2- mercaptopyrimidine,

33rd International Conference on Solution Chemistry, Kyoto, Japan (2013/7/8).

 

 

〔 2012年 〕

 

Yonemura T.,

NO Release Reaction of Dinitrosyl- Molybdenum Complexes with 6-Purinethiolate Derivatives,

The 6th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference, Hong Kong, China (2012/11/6).

 

 

〔 2011年 〕

 

Yonemura T., Okazaki M., Matsumoto K., Ozawa T. ,

Syntheses, properties, and reaction of cobalt(III) complexes containing 2-mercaptoacatate and 2-mercaptopropionate,

The 14th Asian Chemical Congress, Bangkok, Thai (2011/9/5).

 

 

〔 2010年 〕

 

Yonemura T.,

NO Release Reaction of Dinitrosyl-Molybdenum Complexes with 2-Pyrimidinethiolate Derivatives,

The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide (2010/6/15).

 

Fujihara K. , Inoue R., Matsumoto K., Yonemura T.,

Stereoselective Syntheses, Properties, and Reaction of Cobalt(III) Complexes Containing 2-Meracaptopyrimidine Derivatives

The 60th Anniversary Conference on Coordination Chemistry in Osaka (2010/9/27).

 

Yonemura T.,

Application of Co-Ag dodecanuclear thiolato complexes toward eco-friendly type antimicrobial agent,

International Chemical Congress of Pacific Basin (2010/12/18).

 

 

〔 2009年 〕

 

Yonemura, T.,

Photodecarboxylation Reaction of Thiocarboxylato Cobalt Complexes to form a Co-S-CH2 Three-Membered Chelate Ligand,

18th International Symposium on the Photochemistry and Photophysics of Coordination Compounds (2009/7/4-8).

 

Yonemura, T.,

Release of NO from cis(NO,NO)-trans(N,S) Isomer of Dinitrosyl-Molybdenum Complexes with 4,6-dimethyl-2-pyrimidinethiolate,

14th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (2009/7/26-30).